agaって何?原因を知って正しく対処しましょう


agaになる原因とは何なのか?

テレビや雑誌などで、agaという言葉を見たり聞いたり、または目にしたことはないでしょうか。これは「男性型脱毛症」のことで、薄毛の人を指しています。額の生え際や頭頂部、人によってはその両方から髪が薄くなっていきます。agaになる主な原因は遺伝なので、父親や祖父にagaの人がいる場合、子供や孫も男性型脱毛症になる確率が高くなります。ただし中には親族に薄毛がいないのに、稀にagaになる人がいるのですが、これは男性ホルモンの影響だと考えられています。また生活習慣の乱れが、agaを発症させるケースがあるので注意が必要です。例えば過度の飲酒や喫煙により、血液の循環が悪くなり、頭皮に必要な栄養がいかなくなって髪の毛が抜けてしまうのです。

agaになった場合の対処法とは?

最近抜け毛が増えたなと感じた場合、agaを疑う必要があります。その場合はまず、食生活を見直すところから始めてみましょう。髪の毛の主成分はタンパク質なので、肉や青魚や大豆といった食品を意識して食べると良いです。他にも乳製品やナッツ類にもタンパク質がたくさん含まれています。加えて頭皮への血流を良くすることもagaの対応法に有効なため、レバーや牡蠣、魚介類を積極的に摂取しましょう。そして食生活以外にも気をつけたいのは、頭皮を清潔に保つことです。いくら栄養を摂取したとしても、毛穴が皮脂やホコリなどで詰まっていると健康な髪の毛が生えてきません。特に普段から整髪料を使用している人は毛穴が詰まりやすいため、丁寧に洗髪するように心がけたいです。

agaを京都で探す場合、全国展開している大手クリニックだけでなく、地元密着型の個人クリニックもあり、自分に合ったスタイルのところを選べます。